仕事

仕事のデキる女性の特徴

writingutensils008

女性の知的な雰囲気はどこから来るのか

何をするにも男性を頼らないといけない弱々しい女性がモテていたのは既に過去のこと。
現在ではしっかりとした知性を感じさせる女性が結婚相手として多く選ばれる時代になりました。
芸能人やモデルさんの中でもどことなく知性を感じさせる人が人気となっており、そんな雰囲気を真似したがる女性も増加しています。

「頭の良い女は可愛くない」といったイメージが持たれることもありますが、実際のところ知性のある女性というのは立ち居振る舞いの中に色気を感じられるもので、決して表面的なものだけでない美しさがあります。

女性の知性というのは話をすることですぐに相手に伝わるものですが、ぱっと見た時の第一印象にもかなりの部分が現れます。
知的な女性の容姿として挙げられる特徴としては「清潔感がある・身だしなみがきちんとできている」「礼儀やマナーができている」「持ち物にこだわりが感じられる」といったことがあります。

一見知性と清潔感は関係ないかのように思えますが、自分の身の回りの品物や自分の見た目をきちんと管理ができているということがしっかりした考えや知性を連想させる要素になってきます。

男女で異なる「仕事ができる」の定義

仕事ができる人は男女問わずに周囲から信頼を受けることができます。
しかしこの「仕事ができる」という定義は男女で若干異なる部分があり、特に周囲から信頼を得ることができる仕事ぶりというところには差が出てきます。

男性の場合には仕事ができることとリーダーシップがとれるということがほぼ一致しており、自分自身が仕事をしていくことで周囲を盛り上げるような中心的な役割をしていくことが多くなります。

一方で女性の場合はぐいぐいとリーダーシップをとっていくタイプは何かと反感を得やすく、仕事ができる男性にありがちな議論の強さというのはマイナス面として捉えられてしまうこともあります。

仕事ができる女性によく見られるのが、さり気なく周囲を味方につけて自分が仕事をやりやすい環境を作っていくということです。
今後女性の社会進出が進むことでリーダーシップのある女性も多く求められていくこととは思いますが、現在ではどちらかというとさり気なく仕事をこなしていくというスタイルが有効のようです。

女性の場合、男性よりも長時間労働をするということに対して抵抗感を持つことも多く、できる女性の多くが短時間で手際よく仕事をこなすことができるスキルを身につけています。
そのため仕事の優先順位をつけるのがうまく、他の人への協力を取り付けることができたりします。

上手に隙を作るのも女性ならでは

仕事ができる女性といってもタイプは一つだけでなく、その人の個性によってかなり違いがあります。
いかにも仕事ができる女性というのは「つけいる隙のない」タイプのように思いますが、実は本当の意味で仕事ができる女性の場合案外隅々まで完璧というわけではなかったりします。

仕事ができる女性の多くは何もかもを自分だけで抱え込むのではなく、周囲をうまく巻き込んで仕事をすることができます。
そうした協力を取り付けるためにはうまく自分というキャラクターに隙を作り、そこで周りからの好感度を高めるというテクニックを使用します。

ただし周囲に頼るといっても何でもかんでも周りにやらせるといった依存的な方法ではなく、あくまでも自分自身の仕事に責任を持ちつつ周囲からの助けを得るというところがポイントです。

You may also like...