お金

携帯料金を節約するテクニックを大公開

smartphone006

携帯料金のしくみを知っていますか?

月々の生活コストを押し上げる要因の一つが携帯料金です。
携帯電話が出始めた頃に比べてだいぶキャリア乗り換えの壁は薄くなってきましたが、それでも新しく別のキャリアの契約をするのが面倒なため何年も前にした契約をそのまま継続しているという人も多いのではないかと思います。

携帯電話の料金体系というのは非常に複雑で、携帯販売員の経験がない一般の人がそのしくみをすぐに理解するというのはかなり難しいです。
月々請求が来るのはわかるけど一体何にいくらかかっているのかということまではチェックしていないという人も多いことと思います。

日本で契約できるキャリアの場合、携帯電話料金の内訳は「基本使用料」に「通話料・通信料」とその他のオプション料金がかけられるようになっています。
最近では端末を購入するときもその代金を月々の引き落としから支払うようにするというプランも組まれており、ますますいくらかかるのか計算しづらくなっています。

ここで注意をしてもらいたいのが「通話料・通信料」には複数のプランがあり、どういった使いかたをするかによって適切な契約プランが変わってくるということです。

業務用として使用する人なとは通話料がかかることと思いますので、かけ放題プランがあるキャリアを選んだり、オプションなどで対応したりするとそれだけでかなり通話料を下げることができます。

格安スマホにすると飛躍的にに安くなる

携帯キャリアはdocomo、au、softbankの三社がメインになっていますが、それらの回線を相乗りして使う格安SIMや格安スマホというサービスが登場してきています。

中でも格安スマホは大手流通系企業が月々の料金をかなり低くおさえてスマホ本体ごと渡すという独自のサービスを展開しているので、それらの中から選ぶことで一気に半額以下にまで月々の料金をおさえることができます。

特に端末にこだわりがなく、最低限の通信や通話ができればそれでいいという人などはこの格安スマホに乗り換えてみるということを強くおすすめします。

You may also like...